銀行は必要か

設備投資のためにお金を借りる相談を銀行2行にしてみた。


3000万円弱のマシニングセンターを入れるための借入をしたい。
頭金は0で、全額借入。
保証人は無し。
期間は7年以上。

この条件を提示したところ、2行の対応はまるっきり違っていた。
1行の答えは、「金利は相談させて頂きますが、その条件で融資できます。 」
さらには「すぐにでも現金を持ってきますから、買い叩いてください。」と言ってきた。
もう1行は、「まずは目論見書を書いてください、設備投資による売り上げの予想と試算表をみて判断します。 」と、さらには「保証人と保証協会は必須です。」との回答。
どちらの銀行にも普段から決算報告書や試算表を提出している。
ミナロの財務はすべてわかっているはずだ。
違いは、先の銀行はちょくちょくミナロへ寄ってくれるが、後者はこちらから出向いて話をしている。
担当者の興味の問題なのだろうか?
リスクを考えて融資するのが当たり前なのだろうが、この案件がリスキーなのかチャンスなのかはミナロの本質を知っていれば判断できる。
返済不能な無謀な借入をするはずがないのは、起業以来つき合っているのだからわかるだろうに。
担当の上司は「当行対応は正しい事」とのたまった。
儲ける気がないのか?
リターンが無ければ銀行だってやっていけないだろうに、悪しき前例に痛い目を見てきたためリスクのことばかり気にしている。
今の時代に保証人になってくれる人がどれだけいるのか。
仮に保証人になってくれる人がいたとしても、その人より普段から財務をチェックをしている銀行の方がよっぽど的確な判断が出来るだろうに、その自信はメインバンクでさえ無い。
銀行へ利子という形で企業の利益を分けるのだから、ろくな判断も出来ないで帳簿を見ているより、「共業して共に発展していきましょう」ぐらいの考えを持て。
前者の銀行とのつき合いが始まったのは「共に成長したいんです」と若い営業マンが言ってきたのがきっかけだった。
その結果がこういう形で出てくる。
金の前に人のつき合いが重要だ、金は後からついてくる。
銀行だって人の集まりだ

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。