いまになって約束手形?

ホントにむかつく約束手形。


以前メルマガ(ここここ)でも吠えたが、後出し手形は本当に困る。
先日断るはずだった仕事を無理矢理に突っ込まれた。
どう考えても納期が間に合わない仕事だ。
それでも何とか最短で作り上げたモノは、決して綺麗ではないが要件は満たしている。
製作途中でも度重なる仕様変更と理不尽な納期設定に、精一杯対応してきた。
納品が済んで、いざ請求書を作ろうとした段階で、「30万円以上の支払いは120日の手形になります」だとぉ?
今になってそんなのありか?
手形でもらった場合の資金繰りがどれだけ大変か、経営に関わる人なら痛いほど分かると思う。
セールスレップ第一人者、伊藤さんも

売り込み先を、「現金支払い会社」だけに絞り込むのは、理想だが、目の前にある物件も追いかけなかれば、損益分岐点をクリアする事は難しい。

と、出来れば手形は相手にしたくないと考えている。
仮に今サイト120日の手形を受け入れたとする。
実際に手形を手にするのは来月、それから120日経って現金となる。
実質150日待たなければ使えないお金と言う事だ。
現金を見れるのは夏を通り過ぎて秋になっている。
ミナロの決算は7月。
法人税は9月に納めなければならない。
その時に税務署が手形を受け入れるならそれでもヨシとしよう。
が、それはあり得ない様だ。
低金利時代の今になっても、なぜ約束手形を発行するのだろう。
手形を出す事で儲かるのは手形台帳代と割引手数料が取れる銀行だけだ。
製造業は銀行のために働いているのではない、今までよりますます多方面に取引先を増やしていかなければならない我々は、手形をもらって割引が当たり前になっているところも多い。
だが本来の商取引としてはものすごい効率が悪い。
是非ともISOの中に従業員50人以上のの企業は手形発行禁止の取り決めを作ってもらいたいと思うのだがいかがだろうか。
無理だとは分かっていても、世の中から抹殺したい1つである。
ミナロでは手形を発行しない、割らない、回さないの3原則を守っています。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。