【掲載】毎日新聞日経新聞

5月11日の朝刊2誌に、技者王国が載った。


mainichi毎日新聞、横浜面 サイトはこちら
nikkei日経新聞、神奈川面
さらには、毎日新聞の記事を元に辰巳渚さんがコラムを書かれている。
その中で、

業界よりやや狭く、会社よりも広い「工業団地」を統合しようとする試みだ。けっして目新しいものではないが、主導している企業の社長のインタビューなどを読むと、時間をかけて工業団地のこと、業界のこと全体を考えている様子がうかがえる。無私の人ではなく「自分の木」と「森に生えているそれぞれの木々」とを同列に考えられる視点をもった人ではないだろうか。私はこの一企業をどうこう評価したいわけではなく、このような個人が散発でも現れはじめ成果をあげはじめることを願っているのである。

と書かれている。
ミナロのサイトをみてくれたのだろう、さすが的を射た意見だ。
こういった事がわかってくれるジャーナリストが居ることは非常にありがたい。
それは、辰巳さんの使わてれる「木と森」の関係で言えば、金沢産業団地内の一本の木から森を見ることは無理だ。
森の奥深くにある一本の木は、森全体の大きさや本数さえ知らない。
理由はこの森が人工的に作られた森だからだ。
この地区は20年前、すでに立派に育っている木を選んで植えられた。
森の中に栄養は必要なかった。
隣の木がどんな種類だろうが、自分は問題なく成長できたのだ。
ところが時代が変わり、栄養が行き渡らなくなった木は枯れていく。
中には組合という縄で縛られた木々たちもある、その中の一本の大木が枯れることにより、縛られた他の木が共倒れしてしまう。
歯抜けになった森は惨めだ。
ゴミがたまり、資産価値が下がる。
木々たちが自分は森の一部なんだと認識すれば、近くに栄養をもらえる、または消化を手伝ってくれる木があることに気が付ける。
すると、自分に適したちょうど良い栄養が無くなり、成分の違う栄養や有り余る栄養が目の前に出てきたとき、森であれば消化できるのだ。
必要な栄養は自分で採取して、消化できない残りを他の木へとわけられる。
しかしながら一本の木から森は見えない。
いったん外部から客観的にみる事が必要だ。
新聞記事になり、ヨコハマ金沢産業団地「技者王国」を初めて知る団地内の人もいる。
こうした外部からの目になるためには、新聞に載ることは非常に有効だ。
この新聞記事が多くの団地内企業の目にとまること期待する。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

この投稿はコメントできません。