ケミカルウッド壱番店

オンラインショップのケミカルウッド壱番店がもうすぐ一周年を迎える。


何度もケミカルウッドの説明はしたが、もう一度簡単に説明。
ケミカルウッドとは人工の木材の事。
従来、木型と言われているモノは、天然の木を使って作られていた。
しかし、天然の木は加工性に難がある。
昔から木型を作るための道具はカンナやノミといった手持ちの工具だった。
工業製品にも次第にデザインが重要になっていく中で、道具が手から機械に変わっていく。
数値制御で動く工作機械にとっては、天然の木特有の木目がとてもやっかいだった。
木目(もくめ)に逆らって加工すると、木が割れてしまう。(逆目という)
カンナ、ノミの加工であれば目で見て人が判断できるのだが、工作機械ではそれは出来ない。
指紋と同じように、木目も木によって違う、同一な木目は無い。
そこで、注目されてきたのがケミカルウッドだ。
ウレタンを主材料としたケミカルウッドは、きめ細かい発泡によって作られる。
木目も無い。大きさもある程度自由に作れる。
加工性も工作機械の使用はもちろん、カンナ、ノミの使用も問題ない。
切削性、着色性、耐溶剤性どれをとっても天然の木より使いやすい。
ミナロではこのケミカルウッドを使った木型や治具を製作している。
ケミカルウッドの定尺(元の大きさ)は、1500x500x50mmと大きいため、少しだけ使用したいといった場合には価格と置き場所を考えると手を出しずらかった。
個人のホビーユースではまず買える代物ではなかった。
ミナロではケミカルウッドを大量に使用するためどこよりも安く仕入れられる。
そこで、その事を活かし、ケミカルウッドのカット売りを始めた。
オンラインショップ、ケミカルウッド壱番店が一周年を迎える。
その間ユーザーはどんどん増えている。
そして今月からオンラインショップ専属の社員、すぎもと@ミナロががんばっているので皆さんの温かい応援がもらえれば幸いです。
ケミカルウッド壱番店、一周年キャンペーン中
キャンペーン初日から調子良いぞ。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。