誰がための戦略か

先日の記事、経営戦略とはに、小さな会社の経営革新 いいやまさん よりすばらしい解釈を頂いた。
ありがとうございます。


そこでもう一度、ミナロの経営の現場で感じた実情を書いてみる。
戦略とは言うが、まずは戦う相手が誰なのか?
敵とは、お客さんの事なのか、ライバル会社の事なのか。
ミナロではすべて味方だととらえている。
まだ見ぬ人も含めて。
同盟とか友軍と言ってもいいかも。
こう書くと「戦略的」なモノの言い方に合っているが、実際は長期的な展望は先の記事の通り、たちえません。
いいやまさんのおっしゃる、
>何をするか(何をしないか)を選択して・・・
この部分も相手次第で大きく変わってくる。
人が増えるのも、設備が増えるのも、仕事を受ける受けないも、その瞬間の判断だ。
この瞬間の判断の連続が、中小零細外注先企業の本質。
これでは全体を見る戦略というより個別の戦術に近い。
(経営に戦うと言う言葉が付くのがイマイチ馴染めないところがあるのですが・・・)
>「何で覚えられたいのか」
これです、肝心なのは。
人に伝わるように書こうとすると、会社案内の表紙をめくったら書いてあるだれも気にもとめない「会社方針」と同じになってしまう。
かといって専門特化した経営戦略を書けるほど、業界全体の動向を把握するアンテナが中小零細製造業では張れていない。
必ずどこかに察知できない事象があり、ある意味目をつぶって、耳をふさいで手探りで進んでいる。
この見えない部分、予測できない部分をなるべく少なくする。
または万が一でもダメージ少なくすることが安定経営に繋がるのでは無いだろうか。
業界全体を把握することを「経営戦略」と言えない事も無いだろうが、闘争ではないので諜報活動とでも言った方が良い。
「経営戦略」を考える前に、状況を知る事、相手にされる場所に立つ事が先だ。
経営戦略が必要なのは誰のため?
安定経営を目指すその企業のため?
イヤ、実は金融機関や行政への報告のためだ。
お金を借りるため、助成金をもらうためにもっともらしい展望を書く。
しかし何の約束もされていない、期待値でしかない数字だ。
帳面より顔面を見た方がその企業の信用度がわかると思う。
もう一度言う。
中小零細製造業は、状況を知る事、相手にされる場所に立つ事が先だ。
*いいやまさんにはミナログが戦略的だと見えましたか。
 そこまで計算高く無いですよ(笑
 今回頂いたコメントでもう一度自分の頭が整理できた大変感謝です。
改めてブログって良いね

いいやまさんのこの記事は製造業の方に是非見て頂きたい。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。