全商品リサイクル

ユニクロは9月1日から、不要になったすべての製品を無料で回収しリサイクルするという。


読売新聞より ユニクロが全商品リサイクル…「サングラス」まで回収 

 ユニクロは9月1日から、不要になったすべての製品を全国720店舗で無料回収し、リサイクルを行う事業を始める。同社によると、全商品のリサイクルは服飾業界で初の試み。今回は1か月間回収を行い、商品の集まり具合やリサイクルの効率などを確認した上で、今後、実施回数や回収方法などを検討する。

とてもすばらしい事だ。
家電も車もリサイクル料が取られ消費者への負担が増えるなか、ユニクロがとった行動はすばらしい。
捨てるのにさえお金がかかる時代。
しかし、もう一度資源として活用できれば、その材料が必要なところにとってはとてもありがたい。
お金を出してでも買ってくれる。
つい先日聞いた話では、車の廃車でリサイクル会社へ頼んだところ、処分代を払うどころか、逆にお金をもらえたとのこと。
もっていくところさえ間違わなければ、ゴミは資源へと変わる。
材料から別のモノへと生まれ変われる。
一般家庭で出る粗大ゴミ以外は、分別する手間は掛かるモノの、お金を払うと言うことはない。
しかし会社、特に工場となると、分別をしたところでお金を払ってゴミを捨てることになる。
段ボール、紙は再生業者へ持って行けばタダで引き取ってはくれるが、それ以外は有料だ。
自宅で使っている風呂の水くみにも書いてあった。
「これは大切な資源です、ご不要の場合は当社へ送ってください」と。
ただし、送料元払いと書いてあるところが痛い。
元々500円程度の製品に送料740円も出せないと思うのは仕方ない。
多くのメーカーが責任を持って不要となった製品を回収することはムリであろう。それも無料で。
全国720店舗を誇るユニクロだからこそ出来ることだ。
これからはユニクロしか着ないぞっ

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。