予想外割

ソフトバンクモバイル、通話料・メール代0円の「予想外割」など携帯電話の新料金施策を発表
通話料0円、メール代0円の「予想外割」スタート!


ということで、ナンバーポータビリティー(番号継続制)開始直前に予想外のサービスが始る。
このサービスについて、様々な意見が出ているのだが。
目玉はゴールドプラン。
ボーダフォン同士の通話、メールがタダ。 基本料金\0-(2ヶ月間)。だろう。
しかしよくよく説明書き見ると、注意書きがかなり沢山ある。
2007年1月15日までのキャンペーン期間内に加入した場合に適用、
基本料金\0-の2ヶ月が過ぎると\2,880-になるがそれには新スーパーボーナスへの加入が必須など。
複雑すぎて一般ユーザーには理解できない。
また、この価格破壊に対し投資家達はソフトバンクの業績悪化を心配しているようだが、自分のまたは家族の使っている携帯代が安くなることは歓迎だろう。
業界3位ボーダフォンを1兆7500億円で買収したソフトバンク。
これは以前孫正義社長が言っていた「日本の携帯電話料金は世界一高い! と言われております。これは携帯電話事業に参入している企業がごく一部に限られており、自由な競争が行われていないことに最大の原因があります。 」
そしていよいよ携帯電話の世界に参入し「ドコモが1兆円、auが5000億円の利益をあげているが儲けすぎ。」と孫社長の言葉に期待をするのは不用意だろうか?
インターネットの世界はYahoo!BBがプロバイダーをはじめてから劇的に価格が下がった。
高かったインターネット接続料金が、今や世界一安い。
これは孫社長の功績と言っても過言ではないだろう。
いよいよ携帯電話の世界でも価格破壊が始まる。
キャリアの課金だけで五千億円、一兆円といった「儲けすぎ」が世間に還元されることを大いに期待する。
Y!ケータイのロゴを見たときは「なんじゃこりゃ~」と orz になった事もあるが取り消しますんで。
ひとつよろしく。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。