今年一年を振り返り

今年も色々ありました。


 1月 TVチャンピオン コロコロからくり 出演
 2月 マシニングセンター増設
 3月 機械設計4月別冊RTに執筆
 3月 日刊工業新聞に掲載
 3月 自社工場へ引越
 4月 みなとみらい新入社員研修会講師
 5月 TBSテレビ「筑紫哲也NEWS23」出演
 5月 日刊工業新聞社 型技術5月号に掲載
 5月 小田原城北工業高校で講義
 8月 ザ・ビジネスサポート8月号に掲載
 8月 TV神奈川「パペットマペットのサイエンスでしょ!?」出演
 8月 NHK「ラジオあさいちばん」出演
10月 CAD,CAM増設
11月 品川区主催 第3回ものづくり自慢大会
中でも、自社工場を購入したことがやはり最大のイベントでしょう。
銀行さんにも、パーティーに来ていただいたみなさんにも、大変お世話になりました。
しかし良いことばかりではなく、ミナロ初のスタッフの退職もありました。
仕事も売上も順調に伸びていけるのは、取引先、仲間の協力があってこそ。
今年一年も、人と人との繋がりを再認識した年でした。
ブログから繋がった人も仕事もミナロの活力となっています。
ミナログを読んでいただいている方々にはとても感謝します。


果たして来年はなにが起こるだろうか。
景気回復は我々にも実感できるのか。
どれだけの不正が暴かれるのか。
アジアの緊張は緩和に向かうのか。
子供達に夢を与えられるのか。
画期的な新技術が産まれるのか。
我々中小製造業は出来ることは限られている。
しかし、モノを生み出せる人たちは、夢をカタチに出来る人たちでもある。
油臭くても、手が汚れていても、日本経済の源は我々製造業がなくてはならないはず。
汚れた現場を知らない国や大手の都合に振り回されることは、そろそろやめた方がイイ。
自分が子供だった頃、欲しくても無かった、作りたくても出来なかったモノが今では自由に作れる。
本気で取り組めば、たいていはプロになれる、専門家や博士にだってなれる。
モノづくりの現場では、無から製品を産み出せるのだ。
魅力的な製品を産み出すことで、今まで無視されていた我々の努力を世間に知らしめことも出来るだろう。
自分がなにをやりたいのか、なにを作り出したいのを真剣に考える。
いつの頃からかしいたげられた製造業だが、自信と業をもって立ち向かえば出来ないことはなにもない。
モノづくり逆襲だ。
今年一年お付き合いありがとうございました

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。