埼玉板金職人チーム

Champ
昨日、TVチャンピオン2に出場されていた、埼玉板金職人チーム。


埼玉板金職人チームといえば、昨年のコロコロからくり装置王選手権で我々技者【わざもの】王国と戦った好敵手だ。
今回のテーマは流しそうめん

出場3チームの選手たちは全長20メートルの流しそうめん装置を製作し、そのアイデアと技術を競う。
ただし、乾麺50グラムからスタートし、茹で上がった麺150グラムの内、50グラムをゴールに到達させなければならない。3人の審査員が装置のアイデアを1人10点満点で審査。
そこから失敗数がマイナスされる(1回失敗する毎に-1点)。
合計ポイントの最も多かったチームがチャンピオンとなる。

これまた大変なモノづくりだ。
TVで観る限りでも、「一体お金いくら掛かってんだこりゃ?」という程すごい装置だ。
対戦相手の諏訪ものづくり軍団も力学を使った科学的な装置だ。
しかし残念ながら時間切れで落選。きっちり動けば高得点だっただろう。
失敗無しの一発成功した栃木からくり親子チームは、装置の完成度もさることながら、その美しさに目を引いた。
そしてなんと6回も失敗しながらも埼玉板金職人チームが優勝。
失敗の数-6点を引いても優勝だ、それだけ装置の芸術点が高かった。
TVチャンピオン出演に通しこだわりをもつ、6連の動作や火の扱いはすでに伝説の域だろう。
ろうそくオヤジ が ろうそく王子 に進化(退化か?)していたのにも笑った。
埼玉板金職人チームはこれで二冠王。 2種目でチャンピオンとなったのだ。
技者リーダーのツボ様が口惜しがりながらも埼玉板金職人チームにおめでとうの電話をしていた。
あなたたちは本当にすごいと思う。
アイデアも技術もそうだが、なんといっても結束がすごい。
儲からん仕事ととも呼べないモノに、これだけの情熱と時間を掛けられる人々はそうそう居ないだろう。
これからもモノづくりバカの心意気を見せてもらいたい。
技者王国、負けっ放しなんですが・・・
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。