【受賞】心技隊

Mik_8960
昨日は産業Navi大賞の授賞式 & まいど一号で有名な(株)アオキの青木社長の講演会に行ってきた。


写真は、主催者である(財) 神奈川県経営者福祉振興財団の宇田川理事長とのツーショット。
受賞の壇上で、突然握手を求め、「理事長、あのカメラに向いてください」と無理言って撮ってもらった。
カメラマンはK新聞の(三)氏。 さすがプロです、打合せをしたわけでも無いのに、ここぞという時を逃しません。
O0350029210641722869
今回心技隊で頂いた賞は、審査員特別賞。
(画像はモルテックさんから拝借 m(_ _)m)
賞全体で最も下の賞なのですが、それでも賞金20万円を頂きました。
今回の産業Navi大賞のすごいところは、財団の運営する共済や産業Naviに加盟していない企業も対象にしたところだ。
神奈川県経営者福祉振興財団は公的資金をもらって運営している団体ではない、白いおばさんが来て事業仕分けされる事はない。
つまり、お客さんでもない人達に、身銭をきって賞金をあげているのだ。(どうすごくね?) 
受賞式の控え室で理事長と少し話すことが出来た。
産業Naviは元々、1995年にマイクロソフトが出したWindows95の可能性を観た時にアイデアが浮かび、ホームページで企業を紹介することを開始。
当初は自ら企業を廻り、載せてくださいとお願いに行ったそうだ。
そんなスタートを切った産業Naviは、今では2500社に届く加盟数となっている。
やっぱりその頃から、先見の明と奉仕の心があったのだ。


X2_1f3fa04
講演会の後、懇親会では受賞者全員がスピーチをすることになった。
だが会場を見渡しても理事長の姿が無かった。
でもどうしても理事長に一言言いたくて、聞いて欲しくて、近くに居たスタッフに「理事長連れてきて!」と頼んだ。
心技隊は一番最後にマイクが回ってきた。
「心技隊を特別賞に選んで頂いてありがとうございます。
しかし、そんなことよりなによりも、今回の産業Navi大賞を実施してくれたこの財団がすごいんです!
産業Naviにも共済にも入っていない人までもを対象にして、お金をあげちゃうってのは、どんだけ太っ腹なのこの財団?
理事長すごいっすよ!
かってながら、この壇上に居る9社を代表して、理事長と財団にお礼を言います。
ありがとうございました。
来年も再来年も、永遠に、この産業Navi大賞を続けてください。
よろしくお願いします!」


このときは気持ちの良い瞬間だった。
すぐそこに悪夢が迫っていることも知らずに・・・
青木社長の講演もよかった、次回書きます
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。