町工場でも出来ること

中小企業町工場の経営者として最近思うことをまとめてみた。


1.町工場の観光資源化
日本に居ながら手っ取り早く外貨を稼ぐには、外国人に日本に来てもらってお金を使ってもらうことだ。
日本に来る観光客数は年間約800万人、これはフランスのモンマルトルに来る観光客数とほぼ同じしかない。
まだまだ日本に来てもらう手立てはあるはずだ。
最近、外国人の工場経営者が、日本の中小町工場を見学したがっているというのを良く聞く。
ミナロにもバングラデシュから見学に来るぐらいだし。
特に社会主義国の人々は、自分の意思では国外へ出られないので、日本へ行ったことがステータスになるんだとか。
そこで、まずはこちらで召喚状を書き、ツアーを組んで、日本の町工場を見学して、お金を落としていってもらうのだ。
さらには、大手企業が下請けとしか見なかった工場どうしが国を超えて直接で合うことにより、取引が始まれば言うこと無しだ。
2.学校と町工場の関わり
学校に臨時講師で伺うとよく言われるのだが、
「生徒達は、先生や教授が話しても無関心だが、中小の経営者が教壇に立つと目が違うのです」と。
その気持ちはよくわかる。
毎日の退屈な授業より、外部から面白そうなおっちゃんが来たら、そりゃ目も輝く。
たぶんそういう経験は、ず~と記憶に残っている。
人は記憶の中から次の道を決定する答えを導く。
つまり、若い内に、モノ作りの楽しさや経営者の心構えを伝えられれば、将来製造業に進む子や、経営者を目指す子も出て来やすくなるだろう。
底辺が広がれば、てっぺんも高くなるのは当然だし。
3.日本を世界一にする町工場戦略
日本以外のアジアのメーカーは、どん欲で、利益のためなら容赦無し、といった印象を受ける。
日本人の特徴である、おもてなしや、お互い様の精神は、世界では時として邪魔になる。
そこで、日本の町工場が持つ技術を世界一にするために、キャンペーンを打ったらどうだろうか。
例えば、2013年はオールジャパンで、金属加工のジャンルを徹底的にアピールしまくる。
国内の産業系イベントでは毎回日本一の金属加工屋を決め、海外への出展も全員「金属加工」と書かれた、オールジャパンユニフォームを着て行く。
翌年は、鋳造鍛造業、その翌年は複合材料樹脂加工業等々を毎年ジャンルを変えてやっていく。
業種を絞り集中することで、世界にアピールできる深さも増すだろう。
おもてなしや、お互い様の精神が残る日本中小企業だからこそできる事ではないか。


てなことを最近考えているのだが、どうだろうか?
国や大手企業に任せていたら、我々は死んじゃうと思う人達は、是非命ある内に行動しましょ。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。